Home > 5月 5th, 2020

2020.05.05

練習用シーソーを作ってみました


ゴールデンウイーク中にもかかわらずステイホームでおうちにいると、何か作りたくなっちゃいますよね

 

ドッグスポーツ系の器材で簡単に作れるものはないかとネット検索していたら、イレクターでシーソーを作成しているブログを発見

でも、脚部の三方出の部品がプラスチックなので、強度的には弱いと思い、他にいいのがないかなぁと探していたら、いいものを見つけました

 

 

それは「スペーシア」です

っといっても、車のスペーシアではありませんよ(笑)

 

 

イレクターの類似商品で、イレクターには無い部品があることもあります。

コーナンに木材を買いにいった時に、ふと覗いてみたら、ユニプラジョイントの三方出の部品がガッシリしていたので、これだ!と思い購入

 

イレクターだと専用の接着剤を使用しないとパイプを固定できないのですが、スペーシアのユニプラジョイント部品であれば、下の写真のようにナットをねじ込んで固定ができます(専用の工具を使えばキッチリ締めれますが、成人男性の握力があれば、手で絞めて固定できます。)

 

 

足の先端にはインナーゴムキャップを付ければ、

 

地面に安定して設置ができます

 

シーソーの板はタッチ練習用で使っていた1×12材の6F(19×286×1820mm)を使いました。板の裏に両サドルを取り付けて、

 

 

板の両端に防音対策として、D型のゴムを取り付けました

 

後は、先ほど取り付けた両サドルにパイプを通して、

 

脚部を取り付けたら完成です

 

シーソー板に取り付けたパイプが長いので、切ってサイズ調整が必要ですが、いい感じにできました

 

 

早速ココアとエイトで家練してみたところ、

 


見られないかたはこちらからどうぞ!

 

シーソーが降りる音にもビックリせず、大成功です

 

 

今回使用した部材は

シーソー板・・・1×12材 6F

脚部材・・・スペーシアパイプ 300mm×4本、450mm×1本

スペーシアジョイント インナーゴムキャップJB-402×4個、ユニプラジョイントUP-02×2個

両サドル×2個、D型ゴム×2個

(参考:金額総計 約6,000円)になります。
 

家でシーソー練習したい方は参考にして下さいね

 

 

よかったらポチっとして下さい。
  • いいね (5)
  • よくないね (0)
  • 頑張って (0)
  • さすが (0)